19年ありがとう、防音室

ブログ、連投です。

寝不足なので文章おかしかったらお許しを。(←また元気な時こっそり直すパターン

長年使ってきたこの防音室

次の所には持って行けないので

"嫁ぎ先”を探していたところ

ベースの宏樹が

「ぜひ!」

と言ってくれたので

今日取りに来てもらいました。


「取りに来る」というようなイージーなものではないんですけどね(笑)。

鉛が入った重量物で

引っ越しのたびに男4人でヒーヒー言いながら

運ぶような代物なのです。


それを

仕事ですっかり力持ちになった宏樹と

宏樹の高校時代の後輩のUさん(恐るべし握力!)が頑張ってくださって

ほとんど二人で4階から(しかも階段です。。。)下ろしてくれました。


僕は今右手が腱鞘炎で

レッスンの時のピアノもままならないので

本当に助かりました。

宏樹、Uさん、ありがとう。




類は友を呼ぶ、と言いますが

宏樹は「こいつは本当にやさしいなあ」というヤツ。

それは年々増していきます。

宏樹の後輩のUさんもまた

秒ごとにやさしさが伝わってくるような人でした。


Uさんは

SAFETY SHOESのライブも何度か来てくださっていたそうで

「ライブもよかったですし、今でもたまにCD聴いてるんです」

嬉しい😊

ご飯を食べに行きましょう、と約束をしました。




19年前に、85万円で買った防音室。

この防音室がなければ

僕は歌を歌っていません。

いろんっっっっっっっっっっっっっっ(略)っっっっっっな思い出が

ずっしりとつまった防音室。

実は宏樹が来る前

防音室に入って

「ありがとうございました」

とお礼を言いました。



その防音室がなくなって

不思議と寂しくならないのは

もらってくれたのが宏樹だったからなんだと思います。


宏樹とも、もう18年。

ありがたいよね。



僕はこれからやろうと思っている自分のプロジェクトで

エレキベースが必要な時は自分で弾くのではなく

宏樹に弾いてもらおうと思っています。

昔とは違うやり方で

新しい、楽しいことができるんじゃないかなって。



今までの感謝があるから

これからの希望を作ろう。



明日から新しい部屋に荷物を少しずつ。

まだまだ、変われそうな気がしています。


頑張るね。




TOSHIO SAKURAI

桜井敏郎 Official Website

0コメント

  • 1000 / 1000