いちばん大切なもの

前回のブログをアップした数時間後…

「引っ越し終わった?」

と同級生のY本S〇郎から電話が。


「引っ越ししますねん、ってブログを今上げたとこやないか」

「なんでや、3時間あったら引っ越せるやろ」

「引っ越せるか!」

「いやな、今、車でトシオの曲聴いとったんやけど、トシオはやっぱりこの曲やで、って思った曲があって」

「ほー、どの曲~?」(←ちょっと嬉しい😚)

「えーっとな…え~… … 思い出されへん…」

「どないやねん」

「アカン、ほんま思い出されへんわ」


中年の記憶力というのは

ほんまにヤバく…😎

僕も日々実感しています。。

今でこんななのだから

10年後の我々はどうなってるのでしょうか。



「ああ、これやこれや」

同級生が思い出した曲は

「WHAT'S GOING ON?」

でした。

あと「REGENERATE」と「いちばん大切なもの」もいいね、とのこと。



「REGENERATE」は2ndの時のデータがガッチリ残ってるので

新しい歌を乗せた"REVIVE"版を出します。

ここは一発シンセベースの音を現代的なのものにしたいぜ!と

引っ越し祝いも兼ねてBass StationⅡあたりを買ってしまおうと画策していましたが

やはり引っ越しはフルーチェやシャービックのようには甘くなく

心が調理前の冷凍かぼちゃのごとくカッチンカッチンになっている今日この頃です。



そう、ほんで「いちばん大切なもの」。

こないだHARAPPAさんで夜中に練習させてもらってた時

「いちばん大切なもの」を歌ってたら

"なんか、めっちゃええやん"と。

今の声(と、今の自分)で歌うとすごくよかったんです。

この7、8年かな

僕は自分を根本から変えなきゃいけなかった時期があって

その頃自分に対する自信というのを完全になくしていたんですが

その勢い(?)で

SAFETY SHOESの曲自体にも自信をなくしてしまっていました。


でもそこからもまたいろんなことを経験して

日々の小さな喜びを

心の支えにしながら

また

なかなかうまくいかない日々を

誰にあたるわけでもなく

誰にグチるわけでもなく

ただただ一人で消化しながら

時には

素敵な誰かがそれを一緒に消化しようとしてくれても

なぜか僕は拒んでしまいながら

そして自分の音楽は自分で責任を果たそうと

発声からやり直したりしながら

5年、6年、7年、8年とやっていくうちに

少しずつ少しずつ

景色が変わり始めました。



気がつけば

「大きく変わった僕」がいて

例えば今「いちばん大切なもの」を歌ったら

すーっと心にしみるというか。

こんなにいい曲だったんだなあって

自分でもビックリしてみたり

今だからこそ出せる深みがあったり

今だからこそ

曲を生き生きとさせることができたりして

ああ、オレちょっとはマシな人間になれたのかな、って

そんなふうに感じてみたり。



するとやっぱり

「感謝」

なんですよね。

今僕の周りにいてくれる人達

あの頃、僕を応援してくれたり

励ましてくれた人達

すべての人への感謝の気持ちがより増幅されて

絶対にいいものを作って

絶対に恩返しするぞ

そんな思いがちょちょぎれる

秋の夜長でございます



って梅雨やがな!



今書いとかなきゃいけないブログが続くので、このあと連投します!





0コメント

  • 1000 / 1000