機材

週間予報によると

日曜日の八王子の天気は曇り。

でもきっと晴れる。

きっと、晴れる。



今日はライブに使用する機材をご紹介しま省。

J~Boy~、Uh~Uh~Uh~♪


(つっこみありがとう)



2005年から使っているマーティンD-18VE。

850万ぐらいします(←するか!

内蔵のコンデンサーマイクは使ってません。

ピエゾのみ。



DIを挟んでマッキーのミキサーに送り

RNC1773というコンプレッサーと

グライコにインサーションで送ってます。

ピエゾ独特のあの“クワッ”としたところを

グライコでカットして

これなら気持ちよく弾けるな、という音に。


マッキーからは+4dBのバランス出力でPAに送ることで

ノイズも最小限に抑えています。



エレキギター用のアンプはVOX AC30CC2X。

真空管(Mullard)は2014年のワンマンの時に交換しましたが

5年も経つとこの手の機材の状態は変わってしまうので

「は、果たして、音が鳴るのだろうか…」

と不安でしたが…

ちゃんと鳴ってくれてます(ホッ)。



エレキギターをぶら下げたまま撮ってしまったせいで

エレキの写真がありません。

メガネつけたまま

「かあさんや、わしのメガネ知らんかね」

状態です。



1曲だけ同期を使うのでPCを。

今年、中古だけどi7搭載でバリバリ使えるマシンを

PCショップに勤めるジュンが「友達以上、恋人未満の価格」で調達してくれました。(←どんな値段や

このシステムだと出張レコーディングも難なく行えます。


左側のApolloはボーカル用に使っていて

(なのでDAWとはつながっていません)

「ライブなんだけど、APIのマイクプリとか1176とかディエッサーとか使えたらいいな」

と実験中です。



パソコンから出る音を出力するFIREFACE UCX。

PAに送る音(お客さんに聴いてもらう音)

昇太郎だけが聴くクリック(メトロノーム音)や音源類

をそれぞれ出力していきます。



さらに明日の最終リハと当日は

88鍵のエレピ(&イスとスタンド)も持って行くので

宏樹の車がパンパンになることが予想され

「よし、10トントラックを3台買おう」

ということにな(らない。しかも3台もいらない





45分のイベントなんだし

もっとシンプルというか

どっちかに振った構成のライブの方が現実的じゃないか

という考えも

頭の片隅にはあります。


だけども

「今回はこう、次回はこうしよう」

という余裕?が僕にはないというか

今回ベストを尽くさないと

「次」がないので。


「できる時が来たら」なんて言っていても

そんな時は永遠に来ないので

今やるのみです。



僕にできる最良のライブをやって

遠くから来てくれる人や

忙しい中来てくれる人

そしてたまたま居合わせてくれた人に

心から楽しんでいただけるように。



27日、雨じゃなくてよかった。


晴れる。

きっと晴れる。



TOSHIO SAKURAI

桜井敏郎 Official Website

0コメント

  • 1000 / 1000