悲しみよさようなら

悲しみよさようなら

作詞作曲編曲:桜井敏郎


どうでもいいことならば言えるのに

本当の思いは言葉にできない

引き出してくれる誰かがいたなら

まだ少しは楽しくなれるのに


なんだかそんなことを思う日々

だったら自分が引き出せる人に

元々不器用だった性格も

プラスにしてゆく


風の誘う光る丘を

越えてもまだ何も見えず

それでも行く

胸の奥に感じてる

たった一つの思いを叶えるまで


そして空見上げたら

一番会いたい人が浮かぶよ

もう会えないあなたは

いつもなぜか

笑顔のまま



だんだん自信がなくなっていくばかり

何にも言えず 今日も口ごもり

「今さらできることなんてあるのかな」

もう一人の僕が怯えている


胸ん中誰にも負けないこの思い

1%もない可能性に

賭けなきゃいけない時もあることを

気づいているから


陽も昇らぬ谷の中を

もがきながら歩いてゆく

もう戻れぬ遠い日々の記憶を

かき消すほどに胸が張り裂けてゆく


そしてうつむいた僕は

いつかの間違いばかり気づくよ

時を戻せるのなら

何を奪われても構わないのに



人は誰も

二度と立てぬほどの

悲しい過去を背負う

それでも行く

枯れた涙が描いた

たった一つの願いを叶えるため


明日空見上げたら

これからの僕を許すよ

あなたがいつも言っていた

「ありがとう」

を真似しながら

悲しみよ、さようなら

叶えてゆく 心のまま

TOSHIO SAKURAI

桜井敏郎 Official Website

0コメント

  • 1000 / 1000