理想の自分

理想の自分

作詞作曲:桜井敏郎

編曲:SAFETY SHOES


霞んだ空を見上げて

愚かな人生を嘆き

それでも仕事へ向かい

誰にも気づかれないように

ため息をつけば風が笑う


精一杯の笑顔で

乗り切ってゆく毎日

支える何かが見つからない時も


いつか夢見た

“理想の自分”

と比べながら

夕暮れの中

僕は一人歩いてる



磨り減るだけの毎日

いろいろいっぱいあるようで

いろいろ何にもないままで

10年先の自分を

想像するのが怖くなる


胸いっぱいの痛みが

今も泣けるぐらいにある

こんな夜

誰かがそばにいてくれたら


今胸にある

“理想の自分”

に近づきたいな

真夜中の空

僕は一人見上げてる



精一杯の力で

新しい自分を築く

すがれる何かが見つからない時も


この胸にある

“理想の自分”

を見つめながら

晴れた空の下

顔を上げて僕は行く


誰にも言えない

“理想の自分”

を浮かべながら

明日を僕は

自分の手で変えてゆく

0コメント

  • 1000 / 1000