ライブのメンバーについて/ギター・大和田亮君

今回はギターの亮ちゃん

大和田亮君です。


あれは16年ぐらい前…

当時亮ちゃんはとある女性アーティストの

専属ギタリストみたいな感じでやっていて

あるイベントで一緒になった時に


「なんて空間を支配したギターソロが弾ける子なんだろう…」


と感じたのが最初の出会いです。


当時亮ちゃんが22歳ぐらいで

僕が35歳


これが16年前、とわかったのは

こないだ久しぶりに会った亮ちゃんが

38歳になった、と言っていたからです(笑)。


その後もライブで何度も一緒になり

確信を抱いた僕は

確か渋谷での

その女性アーティストのワンマンの時に

(終演後に)

「うちでも弾いてもらえないですか」

とお願いして

(当時僕がやっていたSAFETY SHOESのライブに)

参加してもらったのが2008年の終盤頃だったと思います。



この時期は

何年にはこういうことがあって

何年はこういう状況で、と

結構大変な時期だったので

思い出そうと思えば年数まで思い出せるし

逆に思い出すのがつらい時期でもある(笑)。


でももう10年以上も前のことであって

逆にこの10年が

僕をもう一度作り直してくれたと

自分でも思うし

ここで一瞬振り返って

次に向かうのも大切かなと

思ったりもします。



話が逸れてしまいましたが😅


以降、ワンマンなどの

ビッグマッチの時限定で

亮ちゃんには参加してもらうことになり

若いね!

亮ちゃんも若いけど

僕もこの赤を着る勇気!


赤を着る勇気は今はない!(笑)!


そんな話はともかく


亮ちゃんと最後にやったのが

やはりここで

これが2014年なので

8年ぶりにの再会となりました😊



ちなみに2014年の10月に

この「SOUL DRIVE」と「同窓会-Classmate-」を

スタジオでレコーディングしたのですが

その時亮ちゃんは盲腸が爆発寸前で

朝の5時にスタジオが終わって

その足で入院、手術という…


亮ちゃんよく耐えたなというか

(他人事か!)

見た目からは想像もできないような

ガッツの持ち主でもあります。



(いよいよその「同窓会-Classmate-」も完成しました!

8年の時を経て…

最後の仕上げを頑張って

ゆうべ徹夜したのですが

死ぬかと思った😅笑)



また亮ちゃんとやりたい!

という思いを僕はずっと秘めてきたので

この8年ぶりの再会は

本当に嬉しいです。



以上、コーヒーメーカーを酢で洗浄しながら

桜井がお伝えいたしました。

今部屋の中は酢の臭いだらけですが

亮ちゃんはとっても爽やかな男です。


亮ちゃん、今回もいいギターよろしくね!👍✨✨✨



0コメント

  • 1000 / 1000