ライブのメンバーについて/ベースの朝永徹文君編

水面下でかなりいろんなことが動き出していて

非常に慌ただしくなってきました💦


まったく老ける間もありません!

と言いたいところですが

寄る年波にグイングイン押し流されつつ

老けながらも頑張っております🤣



さて今回からは

10.31ライブのメンバーについて

綴っていきますねん✨✨


Ba.朝永徹文

Gt.大和田亮

Dr.テディ

Key.朝永陽子

Cho.MAKI




ベースの朝永君(てっちゃん)は

今から18年前、SAFETY SHOESの初期の頃の

サポートメンバーをやってくれてました。


簡単に当時の話をすると…

SAFETY SHOESの結成当初は

僕とギターのカズミチの二人組ユニットで

自分たちでサポートミュージシャンを雇って活動していました。


しかし言うまでもなく

人を雇うということは大変で

また当時の僕らのライブチケットは

そんなに高くなかったこともあり

ライブでお客さんに何十人か来ていただいてもまだ

どうにもならないほどの大赤字に

毎回苦しんでいました。



そんな状況を救ってくださったのが

カズミチがSAFETY SHOESをやる前まで

勤めていた会社の社長さんでした。

いろいろな芸術家やスポーツ選手

起業家の方などを支援されていた方で

カズミチの会社での信頼や実績もあって

僕らは社長のサポートを受けられることになりました。


そのおかげで

プロのサポートミュージシャンへの依頼と

入念なリハーサルが可能になり

そこで来てもらうようになったのが

ベースの朝永君やキーボードの陽子ちゃんたちでした。

それが2003年の冬頃だったと思います。


2004年6月には四谷にあったライブハウス・フォーバレイでワンマン

(1stCDの発売ライブでもあり、お客さんも100人ちょうどだった、というのを記憶しています)

この年の夏には

カズミチの故郷・徳島での凱旋ワンマンライブも実現でき

(確かその打ち上げで、てっちゃんと陽子ちゃんが結婚することを聞いた気がする)

さらには11月に大きめの会場である

東京キネマ俱楽部で1時間ぐらいのライブをやったのですが

その頃のSAFETY SHOESを

重心のしっかりしたグルーヴとサウンドで

文字通りのサポートをしてくれていたのがてっちゃんでした。

(写真奥、左からてっちゃん、陽子ちゃん、MAKI、タイショー)



"レコーディングでもライブでもどんな形でもいいから

もう一回てっちゃんとやりたいな…"

そんな思いが長年僕の胸にはあり

今回彼にオファーしたところ

快く引き受けてくれました。


まったくの余談ですが

先日彼はスマホを海に落としてしまったとのこと(笑)。

きっと大好きな海釣りにでも行っていたのでしょう…



またあらためて書きますが

今のテディのドラムと

ベースのてっちゃんのグルーヴは

すごく合いそうな気がするんですね。

テディとは数年前に一緒にレコーディングをしているので。

(「怪我」と「HAPPY BIRTHDAY(未発表)」)



今回のメンバーは

最長がMAKIの22年

テディとも20年といった具合に

僕にとって歴史のある

思い入れのある人たちと

一つのライブを作り上げる

それができることが本当に嬉しいし

ここまでの人生いろんなことがあったけど

ぐるっと回ってこんな瞬間を迎えることができるということに…


不安で震えている自分もいるけれど

犬で言えばしっぽがちぎれんばかりに

全開フルスイングで振っている状況でもあるので(笑)

なんとも言えない気持ちの高揚を感じながら

日々を過ごしています。



先日

新しく生まれ変わった「WEST GATE」をついに完成させました。

(昔よりキー3つ上がってます)

今日はこれから「同窓会-Classmate-」を完成させるべく

いよいよ本チャンのボーカル録音。

日々そんな感じで過ごしています。


普段レッスンの仕事ではどうしても

たくさんしゃべらなければいけないので

喉が疲れてしまって

録音できない声になってしまうのですが

今日は休みなので勝負日なのです。


当日販売するCDに期待していてください!✨✨✨

もちろんライブもね!!!



次回は誰でいこうかな😊






0コメント

  • 1000 / 1000